にきび跡対策化粧品

にきびケアがうまくいかないとにきび跡になってしまいます。
ニキビ跡には、大きく分けて2つあって、ニキビ跡が赤くまたは黒っぽくシミのように色素沈着しているものと、表面が凸凹になっているものです。
ニキビ跡が陥没してお肌が凸凹になってしまっている場合は、細胞まで傷ついている可能性があり、化粧品で改善するのは難しいと思います。
しかし、陥没したニキビ跡でも、あきらめないようににきび跡ケアの化粧品などでケアしていきましょう。
にきび跡を消す、または薄くしていくためには皮膚を健康な状態に保って、お肌に刺激を与える紫外線をなるべく浴びないようにお肌を守っていくように、とにかくやさしいにきび跡ケアをすることが必要です。
じっくり正しい洗顔を規則正しく行えば、徐々ににきび跡は改善されていくと思います。
にきび跡のケアは即効性があるわけではありません。
ニキビケアのスキンケアとして有名な真鍋かをりさんのプロアクティブがありますが、プロアクティブはニキビそのものを治療してできなくするためのものであり、ニキビ跡を治療するものではありません。
正しいスキンケアを行うことにより時間はかかりますが、結果的にはお肌の負担も少なく確実に改善されていくと思います。
ニキビ跡ができているお肌は敏感になっていますので、刺激などダメージを与えていくとニキビ跡が濃くなりかねません。
にきび跡が、赤みがかった状態や、その赤みに色素が沈着したしみの程度までならば、にきび跡に効く化粧品で、にきび跡を薄くしたり、消したりすることも可能です。
ニキビ跡がえぐれたクレーター状態になってしまった場合にはニキビ跡ケアの化粧品とは違ったニキビケアが必要になってしまいますが。
にきび跡には、ビタミンC誘導体の化粧品が効果的です。
ビタミンCには高い抗酸化力があるので、にきび跡の活性酸素を消し去る作用があります。また、皮脂はもともと活性酸素に弱い脂肪酸ですので、ビタミンC誘導体の抗酸化作用によって酸化から守られます。
よって余分な皮脂の分泌が抑えられるので、にきび予防にも効果があります。
にきびは毛穴と皮脂の分泌がうまくかみあわず炎症を起こしてできるものです。
メカニズムを理解して正しいニキビケアをしましょう。

トップ > にきび対策 > にきび跡対策化粧品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。