にきび用化粧品

ニキビなど、お肌にトラブルがある場合、化粧品には細心の注意が必要です。まあ、一言でニキビと言っても色々なにきびがあるわけですが。
顔のにきびや背中にきびなど体のにきびでも違います。
思春期にできるにきびと大人にきびと呼ばれる成人してからのにきびもありますしね。
特に顔のにきびは化粧水など基礎化粧品、メイク用品もニキビを悪化させないように慎重に選びましょう。
ここではにきびケアのための化粧品について取り上げてみます。
にきび化粧品はにきびができている肌にも優しい化粧品のことで、色々なメーカーから、基礎化粧品からメイク用品まで様々なものが発売されています。
化粧品によってにきびがそんなに悪化してしまうものかと考える人もいるようですが、油性の化粧品は毛穴を塞いでしまうばかりではなく、にきびを悪化させてしまいますので絶対使わないようにしてくださいね。
にきびケアのことをあまり深く考えず、スキンケアも全く気を使っていないのに「にきびがよくならない」なんて言ってもそれは自業自得だと思います。
にきびケアにはなるべく無添加のものや自然派の化粧品を使いましょう。
そして、にきびケアでまず重要なのはやはり洗顔です。顔の皮脂や汚れを落とす洗顔がにきびケアに重要なのはまあ当然ですよね。
洗顔はアルカリ性の物を避け、刺激の少ない洗顔料で洗顔します。
チューブのものでも固形石鹸でもいいのですが、洗顔のコツは必ず泡たてネットなどで弾力のあるキメの細かい泡を作り、絶対こすらずに肌表面を撫でるようにして洗顔することです。
にきびができているからと、余計ゴシゴシ擦って洗う人もいますが、これは大いなる勘違いです。
肌に泡をのせるだけでも泡が汚れを吸着して綺麗にしてくれます。
過度にこすると肌に刺激を与え、失った脂分を補おうとして肌が益々脂っぽくなってしまいます。
人によっては、スクラブタイプの洗顔料はあまりお勧めできないことがあります。
にきびの炎症がひどくなって、より悪化してしまうことがあるからです。
化粧水については、最近の化粧水を見ると、大体の必要な成分は入っている気がしますので、気をつけることといえば自分のお肌のタイプによって使い分けるということです。
自分の肌は乾燥肌なのか、脂性なのか。
乾燥肌の方は、保湿効果の高い化粧水を、脂性の方は、季節やお肌の状態によって、保湿効果の高いタイプや、さっぱりと出来るタイプのものを使い分けるとより効果が出るでしょう。
にきびケアのためのスキンケアには文字通り腫れ物に触るようなケアが必要です。

トップ > にきび対策 > にきび用化粧品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。