ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンがメラニンの生成を抑え、シミ消し、美白効果があるということで人気です。
しかし、ハイドロキノンにはその副作用から使用が禁止されていた時代もあるほどですので、取扱いには少し注意が必要かも知れません。
ハイドロキノンが、美白剤と呼ばれる一方、肌のシミやシワを除去する強力な働きがあることから、やはり心配になってくるのが、その副作用だと思います。
ハイドロキノンの副作用は、かぶれたり、皮膚への刺激が起こるなどのケースが最も多いようです。
ハイドロキノンクリームを使って肌に赤みや刺激が強く出た場合は、すぐに使用を中止し、医師への相談が必要です。
ハイドロキノンは非常に安定性が悪く、酸化してできるベンゾキノンという成分は刺激が強いので、純度の悪い原料を用いた製品や、劣化(茶色に着色)したものを使用しないようにしましょう。
高濃度のハイドロキノンを長期間使用すると、副作用として白くなるのはいいけど色が抜けすぎて、その部分だけ白斑になってしまったり色素沈着白斑ができる可能性があるということが知られています。
しかし、市販されているようなハイドロキノン配合クリームがそこまで危険というわけではなく、ハイドロキノンクリームの作り方を調べて自分で配合したり、しみに効くということから処方されている以上の量を使ってしまうことで危険が出てくるということです。
皮膚科専門医の話によると、濃度が5%以上のハイドロキノンは危険性が高いそうです。
高濃度のハイドロキノンを長期間大量に使用し、日焼け止めなどを塗らずに無防備に日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例がありますので、ハイドロキノン使用中は必ずUVケアをしてください。
また、ハイドロキノンは刺激が強いので、特にお肌に弱い方はハイドロキノン配合の化粧品などに関しても、安易に使用するというのは良くないことです。
こういった想定していない事態を避ける為にも、様子をみながら使用することや、いきなり高濃度の化粧品の使用などは避けること、また信頼のおける皮膚科などでカウンセリングを受けながら、ハイドロキノンクリームなどを処方してもらうということが必要です。

トップ > ハイドロキノン > ハイドロキノンの副作用

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。