プラセンタ注入法

プラセンタには色々な注入方法があります。
胎盤には、たんぱく質やビタミン・ミネラル・脂質・脂肪酸などといった、われわれ人間が生きていくために必要な栄養がとても豊富に含まれています。
プラセンタ注入の方法としては、注射や点滴で直接注入する方法と、プラセンタサプリやドリンクなどで摂取する方法があります。
「フラコラ500」などが有名ですよね。
プラセンタには新陳代謝や血行を促進して免疫力、自然治癒力を高める効果があり、肝炎や神経痛・筋肉痛・胃潰瘍・自律神経失調症・更年期障害などといった病気治療に、役立てられてきました。
プラセンタエキスには、自律神経の働きを正常にコントロールしたり、ホルモンバランスを整えるといった効果もあります。
プラセンタ注入で、更年期でホルモンバランスが崩れていたり、軽い自律神経失調症の改善が見込めるでしょう。
また、造血機能を刺激して増血作用を促し、疲れを取り活力のある、身体を取り戻す効果もプラセンタにはあります。
ですが、プラセンタ注入の効果で今最も注目を集めているのはその美容効果ですよね。
プラセンタの細胞の新陳代謝を活性化する作用が肌のトラブルを改善し、美肌効果をもたらしてくれるのです。
プラセンタの美肌効果は、肌荒れ、にきび、シミ、シワ、ソバカスの改善、美白、皮膚の老化防止、保湿作用、皮膚細胞の新陳代謝の促進、コラーゲンの生成、活性酸素除去、血行促進などなど実にさまざまなで、プラスして血行促進によって目の下のクマの改善も期待できます。
プラセンタ注入はやはり注射や点滴が一番効果があります。
美容外科によっては顔の気になる部分に直接プラセンタ注射を打つところもあります。
直接ピンポイントでプラセンタ注射することにより、余計なところにプラセンタを回さず、高い効果が期待できるためだそうです。

トップ > プラセンタ注入 > プラセンタ注入法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。