プラセンタ療法

プラセンタ療法について書いていく前に、ここでちょっとプラセンタについておさらいしておきます。
プラセンタとは、何度も書きましたが胎盤のことです。
胎盤は母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器で、最初から女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して、初めてつくられる臓器が胎盤です。
胎盤はその役目を終えると外に排出される仮設の臓器です。
受精卵は、わずか10か月の短期間に、重さ約3kgもある胎児へと成長します。この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割なのです。
プラセンタは赤ちゃんの出産とともに、役目を終えて体外へと排出されるわけですが、排出されてなおプラセンタは豊富な栄養と各種の有効成分を多く含んでいます。
動物の母親が出産後に自分のプラセンタを食べて、体力を回復させてるほどですから。
そんなプラセンタですから、もちろん人間の医療にも役立っています。
プラセンタの薬効は古くから注目され、とりわけ、若返りの薬として珍重されており、滋養強薬や多数の漢方薬に配合されてきました。
そのプラセンタから抽出されたエキスの有効成分を、注射・内服などにより治療に用いる療法をプラセンタ療法といいます。
プラセンタエキスを投与することで、全身の細胞が活性化されて、細胞レベルの若返りができるという理屈です。
このプラセンタ療法を代表する効能は、アンチ・エイジングや美肌・皮膚保湿効果・更年期障害・抗アトピー効果・慢性疲労除去・慢性肝炎に対する抗炎症作用などがあります。
最近ではプラセンタの美容効果が一般にも広く知られるようになりましたが、これはプラセンタ医療を受けていた患者さんに副作用として美肌、美白効果があったとか、シミが薄くなったなどの症例からプラセンタ効果が美容に応用されるようになったのです。

トップ > プラセンタ注入 > プラセンタ療法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。